広永マキ (全16件)

呪いの花言葉バラの柩 広永マキ

呪いの花言葉バラの柩 (ホラーコミックス)

呪いの花言葉バラの柩 (ホラーコミックス)
広永マキ
秋田書店 (1989/12)

作品内容

表題作のみを収録。

前妻に顔が似ているという理由だけで、後妻から毎日のようにいじめられていた前妻の娘が、後妻の死を契機に、自分がされたことの仕返しをするかのように、彼女の娘(異母妹)をいじめていくという話。カバーイラストでバラのつるに締められている少女が異母妹の優香です。

呪われた放課後 広永マキ

広永マキ 呪われた放課後

呪われた放課後 (ホラーコミックス)
広永マキ
秋田書店 (1988/10)

作品内容

表題作のみを収録。カバーイラストの少女は主人公の章子。

秀才の姉に劣等感を抱く妹が、古びたほこらに祀られていた神様から霊能力を授かる話。霊能力を得たことで、章子はテストの問題が事前に分かるようになって、成績が上がり、喜んだ章子は神様をますます信仰していくようになるのですが、実はその神様の正体は――。

悪魔の椅子 広永マキ

広永マキ 悪魔の椅子

悪魔の椅子 (ホラーコミックス)
広永マキ
秋田書店 (1988/04)

作品内容

表題作のみを収録。カバーイラストの少女は主人公のサツキ。

火事で両親が亡くなり、資産家の叔父、二宮家に引き取られることになったサツキ。そんな彼女が古道具屋で購入したボロ椅子は、持ち主の運命すら変えることのできる不思議な魔力をもった椅子だった。椅子の魔力によって、両親の死の真実を知り、両親は事故ではなく、何者かに殺されたのだと思うようになったサツキは、犯人とおぼしき、二宮家の主治医、黒川に疑いの目を向ける。すると、翌日、黒川は車内で謎の焼死体として発見され――。

呪われた系図 広永マキ

広永マキ 呪われた系図

装丁/広田芳枝(REN)

呪われた系図 (コミックロマンミステリー)
広永マキ
講談社 (1987/10)

作品内容

表題作のみを収録。カバーイラスト左の女性は主人公の百合香。

笹森家の妻になると、先祖の怨霊に祟られ、悲惨な死を遂げる――。そんな呪われた因縁のある家で、沙也香、百合香の母はある日、突然、首つり自殺を図る。植物状態になった母はいったんは回復の兆しを見せたものの、そのまま亡くなり、そのわずか三ヶ月後、父は当時、母を世話していた病院の看護婦、小夜子と再婚をする。父の再婚後、百合香の前に母の亡霊が現れるようになり、何かを言いたげな母の様子から、百合香は小夜子が母を殺したのではと、彼女を疑うが――。

ミイラ伝説死霊の村 広永マキ

ミイラ伝説死霊の村 (ホラーコミックス)

ミイラ伝説死霊の村 (ホラーコミックス)
広永マキ
秋田書店 (1987/08)

作品内容

表題作のみを収録。カバーイラストの少女は主人公のまどか。

三百年前に農民を飢餓から救うため、自ら即身仏となった蓮行上人。その上人の即身仏がレジャーランド建設予定地の町はずれから発見される。発見したのは、建設計画を推進する柊町長の娘、まどかだった。だが、人々を救うために命を捨て、即身仏となったはずの上人の霊は、なぜか、まどかに取り憑き、柊一家を苦しめていく――。