白へび娘の墓 杉戸光史

白へび娘の墓 (ヒバリ・ヒット・コミックス)

白へび娘の墓 (ヒット・コミックス)
杉戸光史
ひばり書房 (1985/07)

作品内容

表題作のみを収録。ひばりコミックス版(黒枠版)「白へびの墓」と内容は同じです。カバーには白蛇に巻きつかれて悲鳴をあげる少女と、それを見て不気味に笑う謎の女が描かれています。

タケシとマキの兄妹は、夏休みに田舎の親戚の家に遊びにやって来た。村には白蛇塚と呼ばれる石碑があったが、その夜の落雷によって粉々に砕け、土中から古い壷が現れる。好奇心から塚を訪れたタケシは、何も知らずに壷の護符を剥がし、封印されていた白蛇の化物に取り憑かれてしまうのだった――。