乙女座裏切りのワルツ 広永マキ

広永マキ 乙女座裏切りのワルツ

乙女座裏切りのワルツ (レモン・コミックス)
広永マキ
立風書房 (1986/04)

作品内容

表題作のみを収録。カバーにはピンクのドレスを着た少女と蜘蛛、乙女座を象徴する女神アストレアのイラスト。巻末にはあとがきがあります。

ロマンチストな少女、星子(せいこ)が出会い、恋をしたのは元華族の令息、大門春樹だった。だが、そんな星子から春樹を奪うように、星子の姉の陽子が二人の間に割り込んでくる。妹の星子そっちのけで大門邸に足繁く通い、日増しに春樹と親密になっていく陽子。すっかり恋人気取りで、春樹との仲を自慢気に語る姉の陽子に、妹の星子は激しく嫉妬するようになっていく――。