呪いのウロコ少女 好美のぼる

好美のぼる 呪いのウロコ少女

呪いのウロコ少女 (レモン・コミックス)
好美のぼる
立風書房 (1980/08)

作品内容

表題作のみを収録。

親友・夢子の彼を好きになってしまったリエは、二人の仲を引き裂くべく、彼の仕業に見せかけ、夢子が死ぬほど嫌いな”魚”を使った嫌がらせを思いつく。夢子はリエの行う嫌がらせによって、ノイローゼ状態となり、全身にウロコが生えてくるほど病状が悪化、苦しみながら死んでしまう。夢子が死んだことでリエは夢子の恋人だった博之に急接近していく。だが、そんなリエの前に、夢子の亡霊が現れるようになり、リエは亡霊に怯え、おかしくなっていく――。

カバーイラストの少女が夢子、青年は夢子の恋人の博之です。