悪魔の招待状 1巻 いばら美喜

悪魔の招待状〈1〉 (1981年) (レモン・コミックス)

悪魔の招待状 1巻 (レモン・コミックス)
いばら美喜
立風書房 (1981/09)

作品内容

表題作のみを収録。全3巻のうちの1巻目です(次巻)。1986年に新装版が全2巻で出ていますが内容は変わりません。巻末にはあとがきがあり、先生が怖いものに興味をもつようになったきっかけが書いてあります。

父親が失業した由美の一家は社宅を離れて、丘の上の洋館へと引っ越すことになった。だが、その洋館は、悪魔が潜む恐ろしい洋館だった――。

カバーイラストの少女が由美です。洋館に移った一家は、邸内に出没する、姿形を自由自在に変えられる悪魔を退治しようとするのですが、逆に次々に悪魔に殺されていきます。結局、由美以外は全員、悪魔に殺され、一人残った由美も、悪魔の血を体内に入れられて、悪魔の召使いにされてしまいます。終盤ではこの館に悪魔が潜む理由が明らかになります。