闇の中の悪夢 大原未花子

大原未花子 闇の中の悪夢

Design by six.

闇の中の悪夢 (怪奇ロマンコミック)
大原未花子
講談社 (1989/02)

作品内容

表題作のほか「ベラドンナ」を収録。

闇の中の悪夢

体の弱い冬美の唯一の友達は、小学生のときに飼っていたヘビのスウ。そのスウも一年前、寿命で亡くなり、中学生になった冬美にはスウのかわりの友達ができたが、いまだに心を開けずにいた。ある日の放課後、冬美は友達が仕掛けたニセのラブレターで公園に呼び出され、笑いものにされてしまう。その場では平静を装い、爆発しそうな感情を抑えた冬美だったが、帰宅してから怒りが爆発する。自分をからかった友達、一人一人の写真を切り裂き、死ねばいい、と呪いの言葉を吐きかける。翌日、冬美のクラスに須藤和歌子という美人の転校生がやってくる。自らをスウと呼んでほしい、と語る彼女が冬美は妙に気になるが――。

死んだペットのヘビが冬美のクラスに転校生としてやってきて、冬美をからかう友達を次々と殺していく、という話。作中では冬美の心の成長も描かれています。カバーイラストでヘビに巻きつかれている少女が冬美です。

収録作品

  • 闇の中の悪夢
  • ベラドンナ