安田タツ夫 (全2件)

恐怖!人魚の子守唄 安田タツ夫

安田タツ夫 恐怖!人魚の子守唄

恐怖!人魚の子守唄 (レモン・コミックス)
安田タツ夫
立風書房 (1986/07)

作品内容

表題作のみを収録。巻末にはあとがきがあります。

中学最後の夏休み、由紀子はクラスメイト数人と一緒に、担任の武下先生の知り合いが所有する別荘に遊びに来ていた。海で思う存分遊んだ、その日の夜、どしゃぶりの雨の中で、由紀子たちは別荘で飼っている犬のジョンが、ウロコで体を覆われた謎の女に殺される光景を目撃する。女は持っていた斧を振り上げ、由紀子たちに襲いかかるが――。

学会を追放された遺伝子工学の科学者が人間の胎児の遺伝子を組み替えて、新しい種・人魚をつくり、それが繁殖して人間を襲う、という話。ダイナミックプロ風の絵柄の作品です。カバーイラストの少女が榊由紀子(さかきゆきこ)、その隣はボーイフレンドの海堂守(かいどうまもる)。背後に描かれているのが”人魚”ですが、化物そのものです。由紀子たちを襲おうとした女は、振り上げた斧に雷が落ちて勝手に絶命してしまうのですが、その直後、今度は女の体を食い破って化物が飛び出てきて、由紀子たちに襲いかかります。

闇にうごめくドクロ蜘蛛 安田タツ夫

安田タツ夫 闇にうごめくドクロ蜘蛛

闇にうごめくドクロ蜘蛛 (レモン・コミックス)
安田タツ夫
立風書房 (1985/11)

作品内容

表題作のみを収録。巻末にはあとがきがあります。

突然、歩道橋から転落して謎の死を遂げた、聖心学園の新任教師・三条和美。牙城総合病院での司法解剖の結果、彼女の胃は無数のクモによって食い荒らされていたことが判明するが、聖心学園の理事長も兼任する、牙城院長の指示により、彼女の死の真相は伏せられ、単なる自殺として処理されてしまう。亡くなった和美の妹・麻衣子は、姉が生前つけていた日記帳から、学園内で姉が日頃から何者かの視線を感じていたこと、ある日から胃に異変を感じ、体調不良を訴えていたことを知る。姉の死から一ヶ月後、麻衣子は姉の死の真相を調べるため、姉が教師を勤めていた聖心学園に転校してくる――。

カバーイラスト左の赤い髪の少女が麻衣子、その右の少女は理事長の娘・牙城麗華。