宇海冬香 (全1件)

アヌビスの魔陵 宇海冬香

宇海冬香 アヌビスの魔陵

装丁/広田芳枝(REN)

アヌビスの魔陵 (コミックロマンミステリー)
宇海冬香
講談社 (1987/12)

作品内容

表題作を含む5作品を収録。

アヌビスの魔陵

ジェイス・ガイアがチーフを務める英国考古学チームは、エジプトで中王国時代の洞窟墳墓の発掘を行っていた。その最中、隊員が次々と何者かによって惨殺され、心臓をえぐり取られるという怪事件が起こる。隊員は恐怖に怯え、次々と彼のもとを離れていき、スポンサーからも支援の打ち切りが宣告されてしまう。そんな中、隊員の一人で、口のきけない美少年、シャフィークのナイフが惨殺死体から発見される。それを知った隊員たちは、ジェイスの制止も聞かず、シャフィークを捕まえてぶっ殺せと、逃げるシャフィークを追いかけるが――。

カバーイラストの美少年がシャフィーク。シャフィークは山犬(アヌビス)を操り、隊員を襲わせ、ある目的のため発掘を阻止しようとしています。

収録作品

  • アヌビスの魔陵
  • 龍吟の夜
  • 沈黙の門
  • 比叡おろし
  • 巫山神女峰

「アヌビスの魔陵」'87 描きおろし、「龍吟の夜」'87 プロムナイトVOL.4、「沈黙の門」'86 プロムナイトVOL.1、「比叡おろし」'86 ソリティア11月号、「巫山神女峰」'87 プロムナイトVOL.5掲載。