鬼城寺健 (全6件)

悪魔の赤ちゃん 鬼城寺健

鬼城寺健 悪魔の赤ちゃん

悪魔の赤ちゃん (レモン・コミックス)
鬼城寺健
立風書房 (1986/07)

作品内容

表題作のみを収録。巻末にはあとがきがあります。

離島で牧師を務める父親の体にデキモノが出来て、そのデキモノから悪魔の赤ちゃんが出現して、増殖し、家族や島の人々を襲っていく、という話。カバーイラスト右の女性は、森山牧師の娘で長女の洋子、中央は次女のかすみ、左は森山牧師の友人の娘・みどり。

スリラー館に生首が! 鬼城寺健

スリラー館に生首が! (学園恐怖)

スリラー館に生首が! (レモン・コミックス)
鬼城寺健
立風書房 (1985/12)

作品内容

表題作のみを収録。カバーに描かれているのは主人公のハルミ・ユカの姉妹と、ハルミの友人のひとみ。その後ろには恐ろしい顔をした死霊。巻末にはあとがきがあります。

お化け屋敷の中にある、お化けの人形に死霊が取り憑き、勝手に動き出して人間を襲う、という話。

呪われたテニスクラブ 鬼城寺健

鬼城寺健 呪われたテニスクラブ

呪われたテニスクラブ (レモン・コミックス)
鬼城寺健
立風書房 (1985/07)

作品内容

表題作のみを収録。カバーには死霊に襲われるテニス部の部員たちが描かれています。巻末にはあとがきがあります。

高原のとあるペンションで、テニス部の合宿を行うことにした部員たちが、その地に祀られていた平家の死霊に襲われるという話。部員の中には超能力を持つ少女がいて、ラストはその少女と平家の死霊に取り憑かれた、ペンションのオーナーとの超能力対決になります。

私の赤ちゃんを食べないで 鬼城寺健

鬼城寺健 私の赤ちゃんを食べないで

私の赤ちゃんを食べないで (レモン・コミックス)
鬼城寺健
立風書房 (1984/06)

作品内容

表題作のみを収録。カバーイラストの人形を抱いている少女は主人公のマリ。巻末にはあとがきがあります。

二人目の子供が生まれるというので、手狭になるアパートから郊外にあるマンションへと引っ越してきた谷田部一家。ある日、娘のマリはマンションの地下で、赤ちゃんのシチューを食べるマンションの住人たちの姿を目撃する。マンションの住人は人間の姿に化けている魔族で、ハレーの神が地球を訪れる日に生まれる、谷田部家の赤ちゃんを神に捧げるのだという。それを知ったマリは、生まれてくる赤ちゃんを自分の手で守ろうとするが――。

人魂がさまよう海 鬼城寺健

鬼城寺健 人魂がさまよう海

人魂がさまよう海 (レモン・コミックス)
鬼城寺健
立風書房 (1983/06)

作品内容

表題作のみを収録。カバーには剣を手にした天草四郎から逃げる少女が描かれています。巻末にはあとがきがあります。

キリシタンの聖地がある九州のとある町。そして、そこで進行する大規模レジャーランドの建設。その建設に反対するキリシタンの子孫の娘に天草四郎の霊が取り憑き、キリシタンの聖地を汚す不埒者を懲らしめて(虐殺して)いく、という話。

悪魔つきの少女 鬼城寺健

悪魔つきの少女 (1981年) (レモン・コミックス)

悪魔つきの少女 (レモン・コミックス)
鬼城寺健
立風書房 (1981/07)

作品内容

表題作のみを収録。巻末にはあとがきがあります。

家を新築するときに敷地から出てきた古い能面を父親が壁に飾っていたら、娘がその能面に宿った悪霊に取り憑かれてしまった、という話。カバーイラストの女は娘の聖子。聖子は悪霊に取り憑かれて、人相が変わり、言動もおかしくなってしまいます。