こさかべ陽子 (全3件)

雷鳴の消えた夜 こさかべ陽子

雷鳴の消えた夜 (ホラーコミックス)

雷鳴の消えた夜 (ホラーコミックス)
こさかべ陽子
秋田書店 (1989/05)

作品内容

表題作のみを収録。

夕華(ゆか)は彫刻家の親戚、誠兄さんに会うため、美術クラブの友人と一緒に、彼の住む洋館を訪れる。だが、肝心の誠兄さんは不在。それどころか、姉の美也子がいうには、誠は一年ほど前から行方不明なのだという。さらに、誠の作品の扱いを巡って、美也子と口論をしていた美也子の兄の卓(すぐる)も、車を残したまま、館からこつ然といなくなり――。

カバーイラストの正面の少女が夕華、横顔の女性が誠の姉・美也子です。

恐怖!!呪いの折紙 こさかべ陽子

恐怖!!呪いの折紙 (ホラーコミックス)

恐怖!!呪いの折紙 (ホラーコミックス)
こさかべ陽子
秋田書店 (1988/08)

作品内容

表題作のみを収録。

通学途中で毎日のようにみかける青年と知り合いになり、彼から、亡くなった姉の趣味だったという、動物を折った折り紙をもらった結(ゆい)。だが、それから結のまわりでは、奇妙なことが起こり始めて――。

青年からもらった動物の折り紙が、本物の動物へ姿を変えて、少女に襲いかかるという話。カバーイラストの少女が結です。

血まみれの休日 こさかべ陽子

こさかべ陽子×高岡奈央 血まみれの休日

カバーデザイン/上山耕平

血まみれの休日 (ホラーコミックス)
こさかべ陽子 (絵)、高岡奈央 (原作)
秋田書店 (1986/07)

作品内容

表題作のみを収録。カバーイラストの少女は主人公の真弓。

村を襲った大きな地震は、村に古くから伝わる”魔物を封じこめた洞窟”の入口を裏山に出現させる。民話や伝説といったことに興味のある真弓の祖父は、その洞窟を探索し、封印されていた魔物の霊に取り憑かれてしまう。取り憑かれた祖父は、家族を襲い、そして、家に遊びに来ていた孫の真弓にも襲いかかるのだった――。