城たけし (全1件)

呪われた巨人ファン 城たけし

城たけし 呪われた巨人ファン

呪われた巨人ファン (ヒット・コミックス)
城たけし
ひばり書房 (1986/01)

作品内容

表題作のみを収録。

巨人ファンの少年・ひろしは、ナイターで巨人阪神戦を一人で観戦し、帰宅する。ところが、帰宅後、ひろしはニュースの試合結果と自分が実際に見た試合結果とが異なっていることを知る。そのことで母親と口論になったひろしは、自分が実際に試合を観戦していた証人として、自分の隣にいて試合中にアル中で倒れたおじさんを探しだす。だが、彼は搬送先の病院で既に亡くなっていることが判明する。唯一の証人を失い、自分が観戦していた試合が本物だったのか、幻だったのか、確信が得られなくなったひろしは、自暴自棄となり、両親や周りの人を巻き込んで、異常な行動をとるようになっていく――。

カバーイラストの少年がひろしです。その後ろの少女はひろしと同じ学校の生徒で、ひろしに追いかけ回されて交通事故に遭った、ひろしの奇行の犠牲者、愛子です。