青江雪生 (全3件)

地獄に続く部屋 青江雪生

青江雪生 地獄に続く部屋

地獄に続く部屋 (ホラーコミックス)
青江雪生
秋田書店 (1988/09)

作品内容

表題作のみを収録。カバーイラストの少女は主人公の由紀。

「学校にきちゃいかん、みんな帰れ!」そういって、新しくできたばかりの中学校の校門で、由紀たちの登校を阻止しようとしていたのは、変人として有名な、身寄りのない老人、権三だった。ほどなくして、権三は職員によって排除されるが、彼は知っていた。この中学校が建つ前、この土地に何があって、そこで何が起きたのかを。やがて、由紀たちは、校内で身の毛もよだつ怪奇現象に遭遇し、現われては消える、地獄の部屋へと迷い込む――。

地獄の学園 青江雪生

地獄の学園 (ホラーコミックス)

カバーデザイン/上山耕平

地獄の学園 (ホラーコミックス)
青江雪生
秋田書店 (1987/02)

作品内容

表題作のみを収録。

クラスメイトからスカートを隠す嫌がらせをされたせいで、服装検査にひっかかり、罰としてトイレ掃除をすることになったかおるは、トイレの便器に投げ捨ててある自分のスカートを発見する。べそをかきながらも、掃除を終え、かおるが帰ろうとすると、誰もいないはずの教室から泣き声が聞こえてくる。以前にE組の子が、自殺した男の子の幽霊を見たという噂を聞いたかおるは、怖くなってその場から逃げ出そうとするが――。

いじめられている少女が、いじめられて自殺した少年の霊に魅入られてしまう話です。カバーイラストの少女が主人公のかおるです。

魔守りの少女 青江雪生/森口史朗

青江雪生 魔守りの少女

カバーデザイン/上山耕平

魔守りの少女 (ホラーコミックス)
青江雪生 (絵)、森口史朗 (原作)
秋田書店 (1986/06)

作品内容

表題作のみを収録。カバーイラストの少女は主人公の純子。

ハイキングの最中、みんなからはぐれた純子が、雨宿りのために立ち寄った小屋で出会ったのは、目と舌のない不気味な老婆だった。老婆は目と舌がないのに、純子のことを見つめて、”マモリの娘”と呼ぶ。その日以降、純子の周りでは、不気味な現象が相次いで起こるようになり――。