アンソロジー (全3件)

ブラック怪談 (黒枠) アンソロジー

アンソロジー ブラック怪談 闇収録版(黒枠)

ブラック怪談 (ひばりコミックス)
アンソロジー (浜慎二山上たつひこ、小島剛夕、いばら美喜古賀新一)
ひばり書房 (1976/01)

作品内容

6作品を収録したアンソロジー。カバーには骸骨に襲われる青年のイラスト。本書は発売時期により、最後の「闇」が収録されているものと、未収録のものがあります。本の背表紙が白地のものは収録、黒地のものは未収録です。

獲物

医学部出身の男が教師を勤める山奥の小さな分校の話。子供たちの勉強のため、人体骨格の模型が欲しいと思っていた男。ある夜、その男のもとに崖から落ちて怪我をした猟師が助けを求めにやってきて――。

眼には眼を

目を見たものを失明させる、呪われた目をもつ男の話。男は自分の目を見て、失明してしまった少女に詫びるため、彼女の住む町を訪れるが――。

海底の美女

魚類の研究を趣味にしている男と見合いした女性が次々と行方不明になる話。

土砂崩れが起きて、洞窟の中に閉じ込められてしまった男女三人の話。男の妻は餓死の恐怖に怯え、錯乱状態に陥るが、もう一人の女性はいたって冷静で――。これは10Pほどの短編です。

収録作品

  • 吸血少女 (浜慎二)
  • 獲物 (山上たつひこ)
  • まぼろしの群盗 (小島剛夕)
  • 眼には眼を (いばら美喜)
  • 海底の美女 (古賀新一)
  • 闇 (古賀新一)

怪談スリラー (黒枠) アンソロジー

アンソロジー 怪談スリラー(黒枠)

怪談スリラー (ひばりコミックス)
アンソロジー (浜慎二いばら美喜古賀新一山上たつひこ)
ひばり書房 (1974/04)

作品内容

4作品を収録したアンソロジー。カバーに描かれているのは、美女を襲うドラキュラ。

ヒロシマ1969

過去に起きた出来事を映像として再現するという、不思議な力をもった少女の話。

少女の能力に興味を持った教授は、実験の協力を拒む少女の祖父を殺害し、少女を誘拐してしまう。教授は少女への実験を繰り返すうち、彼女の再現する映像がただの映像ではなく、実体化していることに気づく。被爆者であり、長年に渡り、被爆の後遺症に苦しめられてきた教授は、世間の奴らを自分と同じ目にあわせるため、八月六日、広島で起きたことを少女に再現させようとするが――。

収録作品

  • 白骨の使者 (浜慎二)
  • 真っ二つ (いばら美喜)
  • 切れたフィルム (古賀新一)
  • ヒロシマ1969 (山上たつひこ)

怪談全集 (黒枠) アンソロジー

アンソロジー 怪談全集(黒枠)

怪談全集 (ひばりコミックス)
アンソロジー (浜慎二いばら美喜古賀新一、北風三平、福田三省、さがみゆき)
ひばり書房 (1973/01)

作品内容

6作品を収録したアンソロジー。カバーには怪物や幽霊のイラスト。

町はずれに住む男

道で倒れていた老婆を助けた男のもとに、老婆の孫娘と名乗る美しい女がやってくる話。男は女と結婚し、子供も生まれ、幸せな生活を送っていたが、三年目のある日、女は突然、男に別れを告げる――。

奇妙な男

一匹のカラスを撃ち落としてもらうため、大金を出して殺し屋を雇う男の話。

雪山で自殺しようとした青年が、口のきけない少女に助けられる話。青年が連れて来られた女の家は、穴の底のような場所にあり、青年はそこから脱出できず、また少女も青年を脱出させる気はなく――。

草芽が宿

自分の出世のため、妻を里に置き去りにして、大臣の娘と結婚した男の話。里に一人残された妻は、夫の迎えに来るという偽りの言葉を信じ、夫を待ち続けるが――。これはさがみゆき先生の「怪談黒髪の呪い」に似た内容の話です。

収録作品

  • 猫ぎらい (浜慎二)
  • 町はずれに住む男 (いばら美喜)
  • 奇妙な男 (古賀新一)
  • 底 (北風三平)
  • 呼ぶ屍 (福田三省)
  • 草芽が宿 (さがみゆき)