あかりとシロの心霊夜話シリーズ(西尚美) (全15件)

あかりとシロの心霊夜話 15巻 悲嘆の旋律 西尚美

あかりとシロの心霊夜話 15 (LGAコミックス)

BOOK DESIGN/TAKESHI NAGAMATSU

あかりとシロの心霊夜話 15巻 悲嘆の旋律 (LGAコミックス)
西尚美
Bbmfマガジン (2012/5/19)

作品内容

6作品を収録したシリーズの第15巻(前巻)。巻末には「作品コメント」「おまけの作者のページ」があります。カバーイラストの女性があかり、その隣にいるのが霊感猫のシロです。イラストは収録作品の中の「悲嘆の旋律」の扉絵と同じものです。

番外編 シロは知っている ~シロのお散歩~

あかりのいない間、シロは、区職員を騙って金をだまし取ろうとする詐欺師から、一人暮らしの老人を守ったり、子供を事故でなくして以来、夫婦関係がうまくいかず、自殺を考えている妻を救ったり、下着泥棒を捕まえる手伝いをしたりと大忙し。でもあかりたちはそんなシロの活躍には全く気づくことなく、シロが今日も一日中、寝ていただけと思っていて――。

シロが主人公で、シロの視点で話が進行する番外編。あかりの近所の平和が、シロによって守られていることが分かる話(笑)。面白いです。

収録作品

  • 虚言の誘い
  • あなたを呼ぶ声
  • 病みの夜の夢
  • 悲嘆の旋律
  • 番外編 シロは知っている ~シロのお散歩~
  • 怨嗟の鎖
  • 作品コメント
  • おまけの作者のページ

あかりとシロの心霊夜話 14巻 毒夢の夜 西尚美

あかりとシロの心霊夜話 14 (LGAコミックス)

BOOK DESIGN/TAKESHI NAGAMATSU

あかりとシロの心霊夜話 14巻 毒夢の夜 (LGAコミックス)
西尚美
Bbmfマガジン (2011/11/19)

作品内容

6作品を収録したシリーズの第14巻(前巻次巻)。巻末には「おまけの作者のページ」「作品コメント」があります。カバーイラストの女性があかり、その隣にいるのが霊感猫のシロです。イラストは収録作品の中の「帳の影で」の扉絵と同じものです。

邪神の微笑

相手の悩みを親身に聞くふりをして、相手が自分を信頼したら、今度は突き放して絶望させ、自殺に追い込む、人の命を弄ぶカウンセラーの話。

収録作品

  • 邪神の微笑
  • 毒夢の夜
  • 帳の影で
  • いらない子供
  • 憎悪の輪禍
  • 念呪の形代
  • おまけの作者のページ
  • 作品コメント

あかりとシロの心霊夜話 13巻 忘却の地 西尚美

あかりとシロの心霊夜話 13 (LGAコミックス)

BOOK DESIGN/TAKESHI NAGAMATSU

あかりとシロの心霊夜話 13巻 忘却の地 (LGAコミックス)
西尚美
Bbmfマガジン (2011/5/20)

作品内容

6作品を収録したシリーズの第13巻(前巻次巻)。巻末には「おまけの作者のページ」「作品コメント」があります。カバーイラストの女性があかり、その後ろにいるのが霊感猫のシロです。イラストは収録作品の中の「妄想の街角」の扉絵と同じものです。

妄想の街角

あかりの知人がストーカーに狙われる話。9巻のシロ放浪編で、シロを一時期世話してくれた杉野明海(すぎのあけみ)が登場。

駅の向こう側に最近出来た、評判のデリカテッセン。その店を経営する青年・牧野を手伝う、恋人の杉野明海は、一週間前から、自分のアパートに送られてくるようになった、手紙やプレゼントのことをあかりに相談する。ストーカーと判断したあかりは、彼女をとりあえず、室生家に泊まらせ、一時的に避難させるが――。

収録作品

  • 忘却の地
  • 見送りの崖
  • 慈愛の咎人
  • 黒い風聞
  • 善意の裏側
  • 妄想の街角
  • おまけの作者のページ
  • 作品コメント

あかりとシロの心霊夜話 12巻 影の訪問者 西尚美

あかりとシロの心霊夜話 12 影の訪問者 (LGAコミックス)

BOOK DESIGN/TAKESHI NAGAMATSU

あかりとシロの心霊夜話 12巻 影の訪問者 (LGAコミックス)
西尚美
Bbmfマガジン (2010/11/20)

作品内容

6作品を収録したシリーズの第12巻(前巻次巻)。巻末には「作品コメント」「おまけの作者のページ」があります。カバーイラストの女性があかり、その横にいるのが霊感猫のシロです。イラストは収録作品の中の「影の訪問者」の扉絵と同じものです。

罪の雫

あかりの担当である関原梢先生が、母に旅行と騙されて、無理矢理、お見合いさせられる話。

旅行と称して、梢(こずえ)が連れて来られたのは、見合い相手の男性がいる勝浦家。縁談をまとめようと張り切る母に対し、全く関心のない梢は、あかりに適当な理由をつけて、迎えに来てほしいと頼み込む。ところがその直後、梢は何者かに背後から崖下へ突き落とされて――。

収録作品

  • 罪の雫
  • 知らずの夢
  • 死の香りを身に纏い
  • 魔の種子
  • 禍根の路人
  • 影の訪問者
  • 作品コメント
  • おまけの作者のページ

あかりとシロの心霊夜話 11巻 毒華の誘い 西尚美

あかりとシロの心霊夜話 11 毒華の誘い (LGAコミックス)

BOOK DESIGN/TAKESHI NAGAMATSU

あかりとシロの心霊夜話 11巻 毒華の誘い (LGAコミックス)
西尚美
Bbmfマガジン (2009/11/20)

作品内容

6作品を収録したシリーズの第11巻(前巻次巻)。巻末には「作品コメント」「おまけの作者のページ」があります。「おまけの作者のページ」には先生が拾った子猫の話が載っています。カバーイラストの女性があかり、その後ろにいるのが霊感猫のシロです。イラストは収録作品の中の「残月のごとく…」の扉絵と同じものです。

毒華の誘い

メールを返信しても連絡のない、猫好きの新米ホスト・コージを心配して、彼の住むマンションにやってきたあかり。玄関に出たのは、店のナンバー3という先輩ホストの優希。彼はコージは不在、とあかりに告げるが、部屋の奥からは、ボコボコに殴られ、失神寸前のコージが這い出てきて――。

たくさんの女性に恨まれている、悪質ホストが報いを受ける話。あかりの担当で、豊富な男性遍歴をもつ女性作家・関原梢(せきはらこずえ)が10巻に続き、再登場。取材だから、と話す関原先生に付き合って、あかりが連れていかれたのはホストクラブで――。

収録作品

  • 残月のごとく…
  • だから家に帰れない
  • 毒華の誘い
  • 妄執の棲み処
  • 虚飾の夏の…
  • 暗い時の隙間から
  • 作品コメント
  • おまけの作者のページ

あかりとシロの心霊夜話 10巻 暗黒の警鐘 西尚美

あかりとシロの心霊夜話10 (LGAコミックス)

BOOK DESIGN/TAKESHI NAGAMATSU

あかりとシロの心霊夜話 10巻 暗黒の警鐘 (LGAコミックス)
西尚美
Bbmfマガジン (2009/6/20)

作品内容

6作品を収録したシリーズの第10巻(前巻次巻)。巻末には4Pの「番外編 草馬とクロの心霊夜話」と「作品コメント」「おまけの作者のページ」があります。カバーイラストの女性があかり、その後ろにいるのが霊感猫のシロです。イラストは収録作品の中の「暗黒の警鐘」の扉絵と同じものです。

紅蓮の呪詛

中学受験に失敗し、不登校となった優(すぐる)は、毎晩、義母・千春の目を盗んでどこかへ外出していく。そして、そんなとき決まって、近所で何者かによる放火事件が発生する。千春は優が放火しているのではと不安になるが――。

家鳴りの夜

「小説奇談」のホラー新人賞に「家鳴り」という作品で応募してきた、あかりの大学時代の後輩・森永恵。ひさびさに彼女と会ったあかりは、作品のモデルにもなった、家鳴りがすごいという彼女の住む家を訪れる。あまりの激しい家鳴りに、欠陥住宅を疑うあかりだったが、そこには廊下をきしませて歩きまわる老婆の幽霊がいて――。

収録作品

  • 紅蓮の呪詛
  • 家鳴りの夜
  • 青い死の淵から
  • 暗黒の警鐘
  • 冥界からの叫び
  • 呪いの因子
  • 番外編 草馬とクロの心霊夜話
  • 作品コメント
  • おまけの作者のページ

あかりとシロの心霊夜話 8巻 疑惑の刻印 西尚美

あかりとシロの心霊夜話 8 疑惑の刻印 (LGAコミックス)

BOOK DESIGN/TAKESHI NAGAMATSU

あかりとシロの心霊夜話 8巻 疑惑の刻印 (LGAコミックス)
西尚美
Bbmfマガジン (2008/11/20)

作品内容

6作品を収録したシリーズの第8巻(前巻次巻)。巻末には、先生の友人が体験した怖い話を描いた「怖い話をいたしましょう」と「作品コメント」「おまけの作者のページ」があります。カバーイラストの女性があかり、その後ろにいるのが霊感猫のシロです。イラストは収録作品の中の「疑惑の刻印」の扉絵と同じものです。

あの子が消えた夜

新婚旅行の前日、あかりのもとに従姉の娘の純香が訪ねてきた。純香は旅行中の間、霊感猫のシロを貸してくれという。あかりはシロを貸すことで、また純香が霊的なトラブルに巻き込まれるのではと心配するが――。

春に潜む闇

あかりの家で寝ている編集長の首を絞める黒い影。それは編集長の元婚約者の妻の生霊だった。生霊は彼女のせいで、義母を死なせてしまったと嘆いて消えてしまうのだが――。

編集長の過去編。この話で、編集長のフルネームが長妻多歌子(ながつまたかこ)と判明。編集長が十数年ぶりに元婚約者の母親と出会ってから、彼女の身の回りに謎の黒い影がまとわりつくようになります。

収録作品

  • あの子が消えた夜
  • 告発の屍
  • 破滅の住処
  • 疑惑の刻印
  • 冬の檻
  • 春に潜む闇
  • 怖い話をいたしましょう
  • 作品コメント
  • おまけの作者のページ

あかりとシロの心霊夜話 7巻 遠き罪の音 西尚美

あかりとシロの心霊夜話 7 遠き罪の音 (LGAコミックス)

BOOK DESIGN/TAKESHI NAGAMATSU

あかりとシロの心霊夜話 7巻 遠き罪の音 (LGAコミックス)
西尚美
Bbmfマガジン (2008/11/20)

作品内容

6作品を収録したシリーズの第7巻(前巻次巻)。巻末には「作品コメント」「おまけの作者のページ」(先生の飼っている猫の話)があります。カバーイラストの女性があかり、横にいるのが霊感猫のシロです。イラストは収録作品の中の「黄昏の亀裂」の扉絵と同じものです。

魔性の雪

DV夫に殺された妻の霊が、その男と結婚しようとしている女性に警告する話。

遠き罪の音

あかりの実家に恋人の室生が挨拶にやってくる話ですが、例によってまたあかりがトラブルに巻き込まれてしまいます。

子供の頃、近所に住むあかりを散々いじめていた、三歳年上の初子。あかりは、実家に出産のために帰ってきていた彼女と数年ぶりで対面する。初子のお腹はすでに大きく、弁護士の男性と結婚すると自慢気に話していたが、彼女の言っていることは嘘ばかりで――。

黄昏の亀裂

職場のみんなから結婚祝いとして、アンティークのカラクリ時計をもらったあかり。シロがその時計を壊してしまったことで、あかりは台座に隠されていた引き出しの中に、ネックレスと手紙が入っているのを見つける。あかりはそれらを元の所有者に返そうと、ある大きなお屋敷を訪れるが――。

あかりが未解決殺人事件の犯人から殺されそうになる話&あかりと室生が結婚式を挙げる話。ウェディングドレス姿の幽霊と、ウェディングドレス姿のあかりが出てきます。

収録作品

  • 魔性の雪
  • 邪な風
  • 夏闇の家
  • 遠き罪の音
  • 悪意のブーケ
  • 黄昏の亀裂
  • 作品コメント
  • おまけの作者のページ

あかりとシロの心霊夜話 6巻 春陰りの夢 西尚美

あかりとシロの心霊夜話 6 春陰りの夢 (LGAコミックス)

BOOK DESIGN/TAKESHI NAGAMATSU

あかりとシロの心霊夜話 6巻 春陰りの夢 (LGAコミックス)
西尚美
Bbmfマガジン (2008/11/20)

作品内容

6作品を収録したシリーズの第6巻(前巻次巻)。巻末には「作品コメント」「おまけの作者のページ」があります。カバーイラストの女性があかり、その後ろにいるのが霊感猫のシロです。イラストは収録作品の中の「夏の葬列」の扉絵と同じものです。

黄泉の迷い子

母親に置き去りにされて餓死した子供の霊が、事件が起きたマンションに住む、不倫しているあかりの知人に取り憑く話。

春陰りの夢

あかりが医療事故で死んだ女性の霊に導かれて、闇に葬られそうだった事故の真相を究明する手助けをする話。

夏の葬列

あかりが室生司の兄から、”霊感のある女性とは結婚させたくない”と交際を反対されてショックを受ける話。

夏に逝く

紆余曲折を経て、あかりと司の二人がようやく結ばれる話。この話以降、二人の交際に反対していた兄も考えを改め、交際を認めるようになります。

収録作品

  • 黄泉の迷い子
  • 春陰りの夢
  • 報いの夏
  • 夏の葬列
  • 夏に逝く
  • 晩秋のレクイエム
  • 作品コメント
  • おまけの作者のページ

あかりとシロの心霊夜話 5巻 真夜中の巫女 西尚美

あかりとシロの心霊夜話 5 真夜中の巫女 (LGAコミックス)

BOOK DESIGN/TAKESHI NAGAMATSU

あかりとシロの心霊夜話 5巻 真夜中の巫女 (LGAコミックス)
西尚美
Bbmfマガジン (2008/11/20)

作品内容

6作品を収録したシリーズの第5巻(前巻次巻)。巻末には「作品コメント」「おまけの作者のページ」があります。カバーイラストの女性があかり、その隣にいるのが霊感猫のシロです。イラストは収録作品の中の「迷宮の妖精」の扉絵と同じものです。

迷宮の妖精

我が子をアイドルにしたいという母の希望で、心ならずも児童劇団に入った純香。だが、純香はその劇団と結託している怪しげな新興宗教団体に霊能力を利用され、教祖の操り人形にされそうになってしまう。純香の助けを求める心の声を聞いたあかりは、純香の兄・智伸と担当作家の草馬とともに、劇団内部に潜入し、純香の救出を試みるが――。

この話では、3巻に登場したあかりの従姉の娘・純香が登場します。「蝶たちの挽歌」「迷宮の妖精」「真夜中の巫女」の3話はいずれも前述の怪しげな新興宗教団体が出てくる続き物の作品になっています。

収録作品

  • 蝶たちの挽歌
  • 迷宮の妖精
  • 真夜中の巫女
  • 鬼女屋敷
  • 氷夢
  • 死霊使い
  • 作品コメント
  • おまけの作者のページ