学校怪談 13巻 高橋葉介

学校怪談 13 (少年チャンピオン・コミックス)

学校怪談 13巻 (少年チャンピオン・コミックス)
高橋葉介
秋田書店 (1999/11)

作品内容

第212話~第228話と「あとがき」を収録したシリーズの第13巻です(前巻次巻)。あとがきでは収録作品についての解説が載っています。カバーイラスト中央の女性は九段九鬼子。上にいるのは夢幻魔実也、下にいるのは八千華、立石、山岸。まわりをとりかこんでいるのは13巻で登場する化物・妖怪たち。

第216話「ゴースト・ライター」

間違ってオバケの世界で小説を出版してベストセラー作家になってしまった立石がオバケのファンに取り囲まれる話。

第219話「夢で逢いましょう」

薬局の店員に変装した溝呂木から渡された薬を飲んだ九段先生が、溝呂木とラブラブな夢(悪夢)を毎日見るようになってうなされる話。

第224話「コーチは半魚人」

山岸が化物に狙われる八千華を救うため、女装する話。

第226話・第227話「ホテル・くだん(前後篇)」

九段先生が父の秘書だったコイズミから廃業したホテル・くだんへ呼び出される、前後篇の話。この話で、ホテル・くだんはかつて九段先生の父が経営していたホテルだったこと、秘書だったコイズミは当時十四歳の九段先生を愛していたこと、彼女が嫌いだった学校に火をつけたこと、父の罪をかぶって自殺したことなどが判明。コイズミは九段先生の記憶から夢幻魔実也を消して、自分が九段先生の守護役にとって代わろうとします。

収録作品

  • 第212話「死者が帰る夜」
  • 第213話「魔物封じの宴」
  • 第214話「赤坊主 白坊主」
  • 第215話「呪っちゃうから」
  • 第216話「ゴースト・ライター」
  • 第217話「雨ふり花嫁」
  • 第218話「もののけ刑事」
  • 第219話「夢で逢いましょう」
  • 第220話「吸血鬼ハンター」
  • 第221話「トオル」
  • 第222話「真夜中のパフォーマー」
  • 第223話「第4号棟」
  • 第224話「コーチは半魚人」
  • 第225話「人魚の卵」
  • 第226話「ホテル・くだん(前篇)」
  • 第227話「ホテル・くだん(後篇)」
  • 第228話「花火」
  • あとがき

週刊少年チャンピオン掲載。