1980年代に発売されたホラー漫画 (全338件)

呪いの花言葉バラの柩 広永マキ

呪いの花言葉バラの柩 (ホラーコミックス)

呪いの花言葉バラの柩 (ホラーコミックス)
広永マキ
秋田書店 (1989/12)

作品内容

表題作のみを収録。

前妻に顔が似ているという理由だけで、後妻から毎日のようにいじめられていた前妻の娘が、後妻の死を契機に、自分がされたことの仕返しをするかのように、彼女の娘(異母妹)をいじめていくという話。カバーイラストでバラのつるに締められている少女が異母妹の優香です。

死を呼ぶ風神 作麻正明/渡辺麻実

作麻正明 死を呼ぶ風神

死を呼ぶ風神 (ホラーコミックス)
作麻正明 (絵)、渡辺麻実 (作)
秋田書店 (1989/09)

作品内容

表題作のみを収録。

半年ほど前に謎の失跡をした天才画家、沢口統(はじめ)。そのいとこで美術部員の夕子は、コンクールに出す作品のスケッチ旅行も兼ねて、彼のアトリエがある、母の実家を訪れる。夕子たちを出迎えてくれたのは、統の絵を管理する叔母の由衣と、壁に飾られた統の作品、風神の絵。だが、その絵が次々と恐ろしい事件を呼び寄せて――。

カバーイラストの少女が夕子です。風神の絵がマンガみたいな絵なのはご愛嬌。物語後半のお手伝いのミエさんの”バウッ”にはたまげました。

恐怖!深夜の校内放送 浜慎二

浜慎二 恐怖!深夜の校内放送

恐怖!深夜の校内放送 (レモン・コミックス)
浜慎二
立風書房 (1989/7/15)

作品内容

表題作のみを収録。巻末にはあとがきがあります。

早瀬医院を経営する早瀬の家は祖父から三代続く、医師の家系。両親は、大学病院に勤務している長男の満男に、大学病院を辞めて早瀬医院を継いでもらいたかったが、満男は、医院の改築などで多大な費用がかかることを理由に、早瀬医院を継ぐことに難色を示していた。諦めきれない両親は、医院の改築を条件に、ある人物からの違法な臓器移植手術の依頼を引き受けるが――。

カバーイラストの少女は満男の妹の恵(めぐみ)。恵は学校で放送委員をしています。恵はある夜、不気味な声の校内放送で学校に呼び出され、そこで、ある少女の生霊から助けを求められます。

鬼女の泣く夜 森由岐子

森由岐子 鬼女の泣く夜

鬼女の泣く夜 (レモン・コミックス)
森由岐子
立風書房 (1989/06)

作品内容

表題作のみを収録。

父親の分からない子供を身ごもってしまったホステスの渚(なぎさ)は、お腹の子供と自分がこの先、幸せになれるのか、とある有名な占い師に占ってもらうことにした。出た結果は、何事にもつつましやかに静かな暮らしを求めよ、ということだった。その占いの結果に反発した渚は、せめて、お腹の子供だけは裕福な暮らしをさせてやりたいと、夫が有名な宝石店を経営している工藤夫妻の赤ちゃんと自分が生んだ赤ちゃんを病院ですり替えてしまう。そして、渚は工藤家の赤ちゃんを見知らぬ家の玄関に捨て、その場を立ち去るのだった。それから十数年の歳月が流れたある日、渚は工藤家で住み込みの家政婦を募集していることを知り、娘と暮らすため、家政婦として工藤家に潜り込む。美しく成長した実の娘・みゆきを目にして母としての喜びを感じる渚だったが――。

森由岐子先生お得意のわが子すり替えもの。カバーイラストの少女がみゆきです。工藤家に家政婦として入った渚は、自分が工藤家の妻となるため、夫の友之を誘惑し、さらに病弱な妻の道子の殺害を計画します。

雷鳴の消えた夜 こさかべ陽子

雷鳴の消えた夜 (ホラーコミックス)

雷鳴の消えた夜 (ホラーコミックス)
こさかべ陽子
秋田書店 (1989/05)

作品内容

表題作のみを収録。

夕華(ゆか)は彫刻家の親戚、誠兄さんに会うため、美術クラブの友人と一緒に、彼の住む洋館を訪れる。だが、肝心の誠兄さんは不在。それどころか、姉の美也子がいうには、誠は一年ほど前から行方不明なのだという。さらに、誠の作品の扱いを巡って、美也子と口論をしていた美也子の兄の卓(すぐる)も、車を残したまま、館からこつ然といなくなり――。

カバーイラストの正面の少女が夕華、横顔の女性が誠の姉・美也子です。

悪魔の赤ちゃん 森由岐子

悪魔の赤ちゃん 1 (ホラーコミックス)

悪魔の赤ちゃん 1巻 (ホラー・コミックス)
森由岐子
秋田書店 (1989/03)

作品内容

表題作のみを収録。1巻の表示がありますが、2巻は出ていません。

事故で赤ちゃんを亡くした一家が赤ちゃんの墓参りに来て、捨てられている赤ちゃんを見つける → 赤ちゃんは親が見つからず、一家のもとで育てられることに → 赤ちゃんは長い舌を伸ばしてゴキブリや芋虫を食べるような化物で、自分の正体を知る者やバラそうとする者を次々と殺害していく、という話。カバーイラストの長い舌の赤ちゃんが悪魔の赤ちゃんです。

死霊が泣く病棟 1巻 きさらぎ綾

きさらぎ綾 死霊が泣く病棟

死霊が泣く病棟 1巻 (ホラー・コミックス)
きさらぎ綾
秋田書店 (1989/02)

作品内容

表題作のみを収録。巻数は1巻となっていますが、2巻以降は出版されていません。

母に赤ちゃんが生まれるのを楽しみにしていた久美。だが、生まれた赤ちゃんと対面した途端、久美は言い知れぬ不安を感じる。その予感は的中し、赤ちゃんが生まれてからというもの、母は日ごとに衰弱していき、さらに久美のまわりでは奇怪な現象が起こり始める――。

悪魔の赤ちゃん的な内容の作品。本作では「死人が招く病棟」に登場した、准看護婦の山岸渚が再登場します。カバーイラストの看護婦が山岸渚、その隣が主人公の久美です。

闇の中の悪夢 大原未花子

大原未花子 闇の中の悪夢

Design by six.

闇の中の悪夢 (怪奇ロマンコミック)
大原未花子
講談社 (1989/02)

作品内容

表題作のほか「ベラドンナ」を収録。

闇の中の悪夢

体の弱い冬美の唯一の友達は、小学生のときに飼っていたヘビのスウ。そのスウも一年前、寿命で亡くなり、中学生になった冬美にはスウのかわりの友達ができたが、いまだに心を開けずにいた。ある日の放課後、冬美は友達が仕掛けたニセのラブレターで公園に呼び出され、笑いものにされてしまう。その場では平静を装い、爆発しそうな感情を抑えた冬美だったが、帰宅してから怒りが爆発する。自分をからかった友達、一人一人の写真を切り裂き、死ねばいい、と呪いの言葉を吐きかける。翌日、冬美のクラスに須藤和歌子という美人の転校生がやってくる。自らをスウと呼んでほしい、と語る彼女が冬美は妙に気になるが――。

死んだペットのヘビが冬美のクラスに転校生としてやってきて、冬美をからかう友達を次々と殺していく、という話。作中では冬美の心の成長も描かれています。カバーイラストでヘビに巻きつかれている少女が冬美です。

収録作品

  • 闇の中の悪夢
  • ベラドンナ

死霊餓鬼の館 さがみゆき

さがみゆき 死霊餓鬼の館

Design by six.

死霊餓鬼の館 (怪奇ロマンコミック)
さがみゆき
講談社 (1989/01)

作品内容

表題作のほか「寄りそう影」を収録。カバーには少女を狙う死霊のイラスト。

死霊餓鬼の館

外界から遮断された雪の別荘に閉じ込められた、女優・愛川みずきとその友人たち。やがて別荘の食料も底をつき、みずきは餓死してしまうが、一緒にいた友人たちは餓死寸前で救出される。それから四十年。ふとしたきっかけで、自分の祖父母が愛川みずきの友人だったことを知った、孫の純子と圭介は、当時の事件に興味を持ち始める。だがそれが原因で、純子、圭介とその家族を巻き込む、恐ろしい惨劇がかつての別荘で起こってしまうのだった――。

収録作品

  • 死霊餓鬼の館
  • 寄りそう影

復讐鬼いけにえ少女 古賀新一

復讐鬼いけにえ少女 (ホラーコミックス)

復讐鬼いけにえ少女 (ホラーコミックス)
古賀新一
秋田書店 (1988/12)

作品内容

表題作のみを収録。カバーイラストの少女は主人公の真由美。

両親を事故で亡くし、以来、姉と二人で暮らす妹の真由美は、名家の長男と結婚した姉のおかげで、姉の嫁ぎ先で、お嬢様のような生活をすることになった。だが何故か、真由美の世話をするお手伝いさん達は、皆、目や鼻が欠けている不気味な人たちばかりで――。