あかりとシロの心霊夜話 12巻 影の訪問者 西尚美

あかりとシロの心霊夜話 12 影の訪問者 (LGAコミックス)

BOOK DESIGN/TAKESHI NAGAMATSU

あかりとシロの心霊夜話 12巻 影の訪問者 (LGAコミックス)
西尚美
Bbmfマガジン (2010/11/20)

作品内容

6作品を収録したシリーズの第12巻(前巻次巻)。巻末には「作品コメント」「おまけの作者のページ」があります。カバーイラストの女性があかり、その横にいるのが霊感猫のシロです。イラストは収録作品の中の「影の訪問者」の扉絵と同じものです。

罪の雫

あかりの担当である関原梢先生が、母に旅行と騙されて、無理矢理、お見合いさせられる話。

旅行と称して、梢(こずえ)が連れて来られたのは、見合い相手の男性がいる勝浦家。縁談をまとめようと張り切る母に対し、全く関心のない梢は、あかりに適当な理由をつけて、迎えに来てほしいと頼み込む。ところがその直後、梢は何者かに背後から崖下へ突き落とされて――。

収録作品

  • 罪の雫
  • 知らずの夢
  • 死の香りを身に纏い
  • 魔の種子
  • 禍根の路人
  • 影の訪問者
  • 作品コメント
  • おまけの作者のページ